メジマグロのナブラ


2006年、「TVチャンピオン新サカナ通選手権」に優勝、2017年「検定王 1級ホルダーNo1決定戦」で優勝した日本さかな検定1級保持の会社員&フィッシングライターが、マグロ、カツオを中心に、季節ごとの釣りを解説します
by Tuna-Fishing
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
さかな検定釣りイベント 諏訪..
at 2018-12-07 21:53
平作丸のタチウオ
at 2018-11-30 21:41
政信丸でタイラバ初挑戦
at 2018-10-23 20:45
またもヤマメ、イワナ
at 2018-10-23 20:33
前田丸のビシアジ
at 2018-09-30 21:36
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2013年 相模湾キハダ初戦でゲット!

 本HPでは既に報告しましたが、先月22日の土曜、葉山の長三朗丸から出船しました。
 当日は既に何回か乗っている仲間からは、「浮きが悪い」という状況だったものの……。

 
a0272422_2311026.jpg


 スーパーボイルで24kgがヒット! 本気のツナタックルだったので、ファイトタイムはわずか5分!

 その後はキメジも連発しました。

 当日の模様はこちら。  (長三朗丸のBlog
                 (CB-ONEのBlog


 なお、このキハダですが、翌日に解体していると……。
 卵巣がありました!(去年、同船者が釣った20kg級も卵巣が)

 
a0272422_2355028.jpg

 (写真を撮りそびれたため、4年前、沖縄本島で釣ったキハダの卵巣写真から引用)

 専門書などを見ると「キハダは2歳で性的に成熟する」と記載されている資料も多く、今回釣れ盛っている20kg前後のキハダは2歳半程度でしょうか?
 
 小笠原でキハダを畜養した実験結果もありますが、こちらも興味深いです。

 さて、このキハダは依然として釣れ続けていますが、(去年邦丸へ同行した、海洋大の仲間も23kg級をキャッチ)知人は先日、ビートウッドシリーズを破壊されたそうです。
 何でも前後のフックが両方とも掛かり、てこの原理でルアーが壊れたとか……。

 40~60kgの大型キハダ、100kg超のクロマグロまで上がっています。今年は例年になく白熱した年になることは間違いないでしょう。
 皆様、安全には気をつけましょう!

 
[PR]

by Tuna-Fishing | 2013-07-03 23:15 | ルアー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mejimaguro.exblog.jp/tb/18036453
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< マグロダービー開催! 今年のLTルアーも入れ食い! >>