メジマグロのナブラ


2006年、「TVチャンピオン新サカナ通選手権」に優勝、2017年「検定王 1級ホルダーNo1決定戦」で優勝した日本さかな検定1級保持の会社員&フィッシングライターが、マグロ、カツオを中心に、季節ごとの釣りを解説します
by Tuna-Fishing
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
前田丸のビシアジ
at 2018-09-30 21:36
増水でも釣れます
at 2018-09-30 21:20
ルアーキハダ、またもや仲間が..
at 2018-09-06 22:51
2018年、フカセ釣り&一本..
at 2018-08-09 23:08
大型カツオとメボー
at 2018-08-06 22:24
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ライトジギングでワラサ

 
a0272422_134224.jpg


 サワラ好調の報告を受け、迷った挙げ句、13日の祝日に長井の貴雅丸へ向かった。
 ジギング、キャスティングの用意をして6名で沖へ出るが、最初は跳ねがなくジギング。

 と、ジグにいい当たりがあったがバレ、同船者が掛けた。途中ではあまり引かないようだと思う間もなく、またもやズン! 合わせをくれるが、抵抗は最初だけであとは重さがあるも、すんなり上がってくる。

 
a0272422_137611.jpg


 同船者が抜き上げたのはキントキ(チカメキントキ)だったが、私も同サイズのキントキ。

 サバ皮のサビキや、イカの短冊で何度も釣ったことがあるキントキだが、ジグでは初めてだ。

 この時にキントキは船中3枚、その後は鬼カサゴ、イナダも上がった。

 途中で何度か、鳥が固まりかけるのでキャスティングも試すが、こちらは不発。

 ジグがイワシより大きいため、7年前サゴシ級の数釣りで使った85gのジグを、ライトタックルでしゃくっているとズドン! 最初はイナダかと思ったが明らかに重い! 真鯛か? ヒラメか? と思っても突進する勢いはなかなか。

a0272422_1312129.jpg


 慎重に寄せると、6kg級のワラサ

 これまでは、3kg級のワラサ(イナワラサイズか)止まりだっただけに嬉しさを隠せず。

 この日はこのワラサで打ち止めになったが、ルアー船ではワラサ級まで、泳がせではブリの12kgまで日によって当たっている。
 
[PR]

by Tuna-Fishing | 2014-02-01 13:14 | カツオ・マグロ以外 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://mejimaguro.exblog.jp/tb/19411952
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by KOFNEO64 at 2014-02-14 19:52 x
KOFNEO64です。
遅れながらですが、今年も宜しくお願い致します。

良い写真をありがとうございます。
大物を釣り上げましたね。私は、ブリの煮つけが大好物です。
私の故郷である新潟県では、ブリと大根を醤油で煮込んだ「ブリ大根」という郷土料理があります。12kgのブリであれば何日でも食べられそうなだなと思いました。

大物を見ると美味しい魚料理もより美味しくなりそうです。

これからもどうぞ宜しくお願い致します。
Commented by Tuna-Fishing at 2014-03-02 23:23
>KOFNEO64さん。

 こちらこそ、引き続き宜しくお願いします。
 今回のワラサ、長井で買った大根でブリ大根を作ってもらいましたが、実に美味でした。
 刺身も二日ほど寝かせると最高です!
<< 駿河湾のバラムツ 年末年始など >>