メジマグロのナブラ


2006年、「TVチャンピオン新サカナ通選手権」に優勝、2017年「検定王 1級ホルダーNo1決定戦」で優勝した日本さかな検定1級保持の会社員&フィッシングライターが、マグロ、カツオを中心に、季節ごとの釣りを解説します
by Tuna-Fishing
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
前田丸のビシアジ
at 2018-09-30 21:36
増水でも釣れます
at 2018-09-30 21:20
ルアーキハダ、またもや仲間が..
at 2018-09-06 22:51
2018年、フカセ釣り&一本..
at 2018-08-09 23:08
大型カツオとメボー
at 2018-08-06 22:24
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

私がマゴバリを使わない理由(カツオ、キハダフカセ釣りの場合)

 

a0272422_23005482.jpg
 最近、相模湾のカツオ、キハダのフカセ釣りで、マゴバリを使う人が増えている。
 大きな太いハリをイワシに掛けるより、マゴバリだけ掛ける方が、イワシのダメージが少なくなるだろうという考えはよく分かります。
 
 確かに、私の知人(超ベテラン)が自作のマゴバリを使っていたこともありますが、最近の状況を見ると、「使うことでデメリットが大きい」と、筆者は考えざるを得ない状況です。

 中には「アシストフックみたいな効果があるの?」と、聞いてぶったまげたこともありますが、細い糸を使ってハリを結ぶならともかく、アオリイカのヤエン釣りのような、サルカンとハリを組み合わせたものを使ったり、果ては鼻カン(アユ用ではなく、アジ用だったと思う…)を付けてくるという、何とも探求心旺盛な方と遭遇したことを思い出しました。
 

 では、マゴバリの何が問題か? という答えは、あくまで筆者の主観ですが、以下のような理由が挙げられます。


①オマツリを起こしやすい。

 イワシ餌のフカセ釣りは、撒いた餌を魚が取ったとみるや、艫側へ仕掛けが流れていく中、一斉に投入する。
 その流しの時は、どうしてもPEが一か所に集中し、タイミングや投入の位置を間違えると、あっという間にオマツリします。
 もちろん、魚が船に着いた後は、右舷へ仕掛けが流れるのでオマツリは減りますが、この「最初の流し」の時、マゴバリがあると、明らかにオマツリを起こした時、解くのに時間がかかります。一刻一秒を争う釣りでは、どう見ても不向きです。
(ハタやヒラメとはやや傾向が違う模様)


②(種類によっては)餌の泳ぎが悪くなる。

 逆説的かと言われそうですが、サルカンなどを組み合わせたマゴバリでは、親ハリ単体よりも重量が増し、却って餌の動きが悪くなる恐れがあります。また、抵抗が大きくなるという点も無視できません。


③マゴバリに食ったら、まず獲れない。

 確かにカツオ、サバ、ムロアジを餌にする場合は、ハリに直接かけず、目通しにする場合もありますが、マゴバリを使うと「マゴバリだけに掛かる」という可能性もあります。  

 マゴバリでも1㎏あるかないかという超小型の魚や、60㎝以内のシイラなら、丁寧にやり取りすれば上がるかも知れませんが、3㎏を超える本ガツオ、5㎏前後のキメジなら、一発で伸ばされるか、折れます。



④漁師はマゴバリを使わない。

 本職のカツオ漁師も、一本釣りで食わなければ、時に「テジ」と呼ぶ、手釣りのフカセ釣りをやりますが、その仕掛けにも「マゴバリ」を使うという話は聞いたことがありません。
 カツオ、メジ類は昔から職漁で盛んに釣っている魚ですが、その漁師が使わないマゴバリを、あえて使用する機会は極めて限られると思います。
 なお、イワシの泳ぎが悪いなら、ハリのサイズダウンをお勧めします。
 チヌバリのような細軸は無茶ですが、グレバリでコマセダイに使えるくらいの大きさなら、小さいシコイワシでもある程度泳いでくれます。


a0272422_23042872.jpg
 通常はこんなハリで大丈夫です。





 (どうしても使う場合は) 

 そうはいっても、マゴバリを使ってみたい、あるいは「エサが小さすぎる」という考えのある場合は、金具を一切使わない、なるべく軽量なマゴバリを、7㎝以下のイワシしかない時だけ使ってください。

 それ以上の大きさのイワシなら、マゴバリは不要です。

 スピード勝負の釣りなので、手返し良く餌を流せるかどうかにかかってきます。

a0272422_21501904.jpg

 では、よい釣りを。


[PR]

by Tuna-Fishing | 2017-07-13 23:00 | 近海カツオ・マグロ類 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mejimaguro.exblog.jp/tb/237167311
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 2017年、フカセ釣り初戦 富津沖のエビスズキ >>