人気ブログランキング |

メジマグロのナブラ


2006年、「TVチャンピオン新サカナ通選手権」に優勝、2017年「検定王 1級ホルダーNo1決定戦」で優勝した日本さかな検定1級保持の会社員&フィッシングライターが、マグロ、カツオを中心に、季節ごとの釣りを解説します
by Tuna-Fishing
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
与那国忘備録 最終
at 2019-06-24 21:55
与那国忘備録 4
at 2019-06-06 23:11
与那国忘備録 3
at 2019-05-31 00:08
与那国忘備録 2
at 2019-05-18 22:35
与那国忘備録
at 2019-05-06 00:02
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ダイバンガツオの乱舞 カツオ自己記録更新!

 来たっ! ジャジャジャジャーッとドラグが一気に滑り出し、魚が一気にPE4号を持って行く。

 激しい胴震いと共に、下へは潜らず横走りを続けるので、キハダではなくカツオだと分かるが、その走りは強烈だ。
 しかし、カツオは一通り走れば力尽きるため、止まった瞬間にジギングロッドで一気に寄せる。

 ……前日、忠兵衛丸のクロマグロ狙いが外れたため「翌日は長三朗丸だ」と、判断してイワシ餌のフカセの準備をしておいた。

 かくして10月1日、二日目に突入!

 今回も餌にはマイワシを中心に積んでいるため、キハダを食わせられるか?
(この時期になると、相模湾のキハダは相当脂が乗るため、中トロ状態)

 しばらく葉山の僚船と共にナブラを追うが、朝方はコマセの船では食うものの、撒いたイワシ餌を取らない。

 だが、11時頃からナブラが浮き出し、次々に餌を取り出した!

 隣の方がカツオを上げ、次はキハダらしき魚を掛け、一気に潜られた挙句ハリス切れ!

 こちらはまだ食わないため、「ハリスは何号ですか?」と、聞くと「16号」
 手持ちのツナタックルのハリスは20号なので、16号ハリスのジギングタックルに持ち替えた。

 活きのいいマイワシをカマ掛けにして流すと、こっちも来た!

 一気にPEが持って行かれ、右舷の艫で掛けたのに、散水の当たる左舷ミヨシまで引きずりまわされ、かづみさんに大目玉!
a0272422_23020195.jpg


 何とか魚の走りが止まったので、一気にポンピングして寄せていくと、4㎏を超える丸々太ったカツオ! これまで1㎏級の小型、ロリカツオが多かっただけに、この良型は嬉しい。

a0272422_23015317.jpg

 次は1.5kg級が来たが、後は全て3㎏以上の良型、ダイバンガツオばかり! 一度、抜き上げようとして外れたため、後は全てタモ入れする。
 
 隣席の初心者グループも、大型のカツオに引きずり回される! 

 もっとも、最近は鳥やシイラが多いため、油断すると上で鳥、下では小型シイラに邪魔されることもしばしばだ、最初に餌を撒いた直後は、カツオが食うため、そのタイミングを逃さず食わせるのが大切だ。
 シイラを掛けると、1尾でもハリを飲まれたらハリスに傷が入るため、結び直すことになる。

 カツオなら歯はそれほど強くないため、飲まれても何本か釣ってから結び直せばよい。
 流石に、型が良いうえマイワシ餌なので、12号ハリスを使うつもりはないが。
 

a0272422_23021199.jpg

 ナブラが浮き出してからは、次々に当たるため、ジギングロッドが絞られ、ドラグが鳴り、心地よい疲労感が伝わってくる。
 水面近くまで寄せても一気に走るため油断できないが、強気になって頭を浮かせれば勝負がつく。

 何せ、1本当たりのサイズがでかい、貴重なダイバンガツオが次々に食うという、とんでもないボーナスステージのため、真剣になって釣る。釣った魚は丁寧にエラとワタをエラブタから抜いて血抜き&氷詰めだ。

 同船者は6~7㎏はあるカツオも!

続いてこちらにも食った!

 ドラグが鳴り、PEが一気に引き出される。徐々にドラグを締めていくが(一気に締めたら確実に切れる)、100m以上走ってようやく止まった。
 今度はフカセ側の右舷とはいえ、又もやミヨシまで持って行かれたため、何とか移動して一気にポンピング。無事に上がったのは良型のカツオだが、このサイズならツナタックルが一番いいのでは?


 次第にクーラーの中が埋まって来たが、そこで3~4人を巻き込んでオマツリ!

 解いている時に2人がキハダを掛けた!
a0272422_23295658.jpg


 かくして、私が仕掛けをどうこうしている間に24㎏、28kgのキハダが立て続けに取り込まれる。

 こちらはカツオ11本、うち4㎏を超えるものが4本で、最大は自己記録更新の5㎏!(これまでは4.4kg)
 案外小さいと思われるかも知れないが、カツオの場合は数釣りに走るので、10kg級のカツオもいつか釣りたい。

 キハダが来なかったのは残念だが、ハリスをカツオが食わないよう、20号に上げれば食ったか?


a0272422_23310322.jpg
 なお、このカツオはいずれも脂が乗り、食味も最高!
(この機会にと、藁焼きにしてから凍結した
 キハダを釣っていたら、捌き切れなかったかも……。

  ロッド:ゴーシャンS64H
  リール:クロシオ43PG
  PE:よつあみ ウルトラジグマンWX8 4号
  ハリス:シーガー プレミアム万鮪 16号
  ハリ:オーナー 閂キハダ14号
  エサ:活きイワシ


 


by Tuna-Fishing | 2017-11-18 23:34 | 近海カツオ・マグロ類 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mejimaguro.exblog.jp/tb/237997544
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< フカセ釣り終盤戦 ワフーが多すぎる! >>