メジマグロのナブラ


2006年、「TVチャンピオン新サカナ通選手権」に優勝、2017年「検定王 1級ホルダーNo1決定戦」で優勝した日本さかな検定1級保持の会社員&フィッシングライターが、マグロ、カツオを中心に、季節ごとの釣りを解説します
by Tuna-Fishing
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
さかな検定釣りイベント 諏訪..
at 2018-12-07 21:53
平作丸のタチウオ
at 2018-11-30 21:41
政信丸でタイラバ初挑戦
at 2018-10-23 20:45
またもヤマメ、イワナ
at 2018-10-23 20:33
前田丸のビシアジ
at 2018-09-30 21:36
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

管理釣場のヤマメ、イワナ

 4月7日、神奈川県の管理釣場に行ってきました。

 今回は友人夫妻2組&お子さん連れの中、ニジマスではなくヤマメ、イワナを釣らせるというトンデモ計画を実行しましたが……。

 当日は人が多くプレッシャーがかかりまくり&やる気のある魚は先に抜かれている!
 
 それでも対岸ギリギリまでキャストし、イワナを連続キャッチ。
a0272422_23205969.jpg

 友人夫妻とも合流し、餌釣り&ルアーを教えながら、徐々に魚を掛けていく。
 餌釣りでは5mの竿でも短いが、100g台の軽さで何とかカバーしてもらう。本来は6.1mは最低でも欲しい。

 では、ルアーは?

a0272422_23211493.jpg
 ミノーで連発したが、イワナは大岩周りをしっかりトレースすれば足元でも食う。しかし、ヤマメが状況によっては2度、3度アタックしてくるのに比べると、イワナは一度追ったらそれで終わりという状況。
 一瞬ポーズを入れ、リアクションバイトさせるのも有効だ。

a0272422_23210978.jpg


 そもそも、最近はイワナの方が放流量が多かったが、放流後は仲間と交代でルアーを投げ、魚の手応えを楽しんでもらい、昼は釣り場の知り合いと魚を焼いて満喫する。

 最初はニジマス、次にイワナ、最後にヤマメと食べ比べてもらうのもコツだ。

a0272422_23233995.jpg
a0272422_23231638.jpg


 結局、4名で竿を出し、私はヤマメ8尾、イワナ12尾の釣果、ほとんどルアーだ。
 しかし、良い時はその倍は釣れる。

 次回は人が少ない時に行こう……。


 

[PR]

by Tuna-Fishing | 2018-04-18 23:34 | ルアー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mejimaguro.exblog.jp/tb/238469127
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 鴨居大室のビシアジ 久比里・山下丸のカサゴ >>