人気ブログランキング |

メジマグロのナブラ


2006年、「TVチャンピオン新サカナ通選手権」に優勝、2017年「検定王 1級ホルダーNo1決定戦」で優勝した日本さかな検定1級保持の会社員&フィッシングライターが、マグロ、カツオを中心に、季節ごとの釣りを解説します
by Tuna-Fishing
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
2019年、フカセ開幕!!
at 2019-07-10 22:14
南沖のキハダキャスティング
at 2019-07-04 22:18
久里浜沖のカサゴ
at 2019-07-04 00:05
石廊崎沖のマダイ
at 2019-07-03 23:46
片貝沖のイサキ、ハナダイ
at 2019-07-02 21:34
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

豊島園で大型トラウト

a0272422_21432456.jpg

 4月中旬、としまえんフィッシングエリアの大型魚を入れているプール、ミシガンエリアに行ってきた。

 50~70㎝が狙えるというので、7番(タイプⅡのシンキングライン)&4番(フローティングライン)を持参し、まずは7番でアオミドロやゾンカーを投げまくるが、1時間半経っても当たらない!
 
a0272422_21442607.jpg
 
レギュラーサイズの数釣りはもう十分経験しているが、さすがにここまでアタリが少ないと、釣り方が合わないと判断し、4番タックルに持ち替え、受付で話題のトラウトガム&インジケーターを購入。

 すると、アタリが何度か出始めるが、バラシの連続。

 途中で流れの当たる場所へ入れてもらい、流していくとインジケーターがズボッ! 

a0272422_21475009.jpg
 しっかりアワセを入れ、コイ並みにトルクのある引きを交わして寄せていく。
 ヒレが少ないが、何とか50㎝級をキャッチ。

 しかし、この魚体は明らかに白身。
 養殖トラウトとはいえ、今話題のアスタキサンチンを含んだエサを食べ、身が赤いものだけに用があったためリリース。

 その後も何度かアタリ、バラシはあるが、2尾目のキャッチには至らず……。

 話題のトラウトガム、今度はしっかり巻いて来よう……。


by Tuna-Fishing | 2018-04-28 21:48 | カツオ・マグロ以外 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mejimaguro.exblog.jp/tb/238488685
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 2018年 イナンバジギング 鴨居大室のビシアジ >>