人気ブログランキング |

メジマグロのナブラ


2006年、「TVチャンピオン新サカナ通選手権」に優勝、2017年「検定王 1級ホルダーNo1決定戦」で優勝した日本さかな検定1級保持の会社員&フィッシングライターが、マグロ、カツオを中心に、季節ごとの釣りを解説します
by Tuna-Fishing
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
2019年、フカセ開幕!!
at 2019-07-10 22:14
南沖のキハダキャスティング
at 2019-07-04 22:18
久里浜沖のカサゴ
at 2019-07-04 00:05
石廊崎沖のマダイ
at 2019-07-03 23:46
片貝沖のイサキ、ハナダイ
at 2019-07-02 21:34
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

さかな検定釣りイベント 諏訪湖ワカサギ 

 
a0272422_20503562.jpg

 今回の釣りは2017年に続き、日本さかな検定(ととけん)受験者対象のモニターイベントとして、ダイワ(グローブライド株式会社)の協力で開催された。
 興味のある方は2019年のさかな検定を受験してください。

a0272422_21071918.jpg
a0272422_21332618.jpg

 12/1の土曜、早朝の中央道を八王子→相模湖→談合坂→大月→甲府→野辺山→諏訪と走り、今回の目的、諏訪湖に到着した。
 今年もワカサギの魚影が濃く、トップ1,000尾以上の釣果も出ているため、期待が持てる。
a0272422_20505421.jpg
 今回お世話になる「民宿みなと」の駐車場に車を入れるや、忠兵衛丸で同船したMorokoさんと再会し、さかな検定スタッフの方と挨拶。

a0272422_20510442.jpg
 Morokoさんは長野在住のため、渓流釣りの話で花が咲く。


a0272422_21050215.jpg
 某番組で共演した天才キッズ・原田君もお父さんと参加してくれたが、人数が集まったところでダイワの方が当日の流れを説明。
 今回は8:30に出船。12:30までワカサギ釣り。そして湖岸の清掃を少々行う予定だ。

a0272422_20512000.jpg
a0272422_20534352.jpg

 安全のため、全員がライフジャケットを着用し、中型船で沖へ停泊するドーム船まで向かう。

a0272422_21354152.jpg

 タックルはダイワの電動リールを借用。

a0272422_21174084.jpg
a0272422_21160934.jpg

 ダイワの大川さん&だいすけ船長が釣り方を説明するが、今回は「紅サシの後ろを必ずハサミで切ってください。右手でハリを持ったままエサを付け、後ろを切る作業を続けてください。釣り方は少しだけ誘ってアタリを待ち、小さくてもアタリが来たらしっかりアワセ、必ず魚が掛かっているのを確認してから巻き上げてください」と、説明する。

a0272422_21393829.jpg

 そして、魚の外し方も「親指と人差し指で仕掛けをつまみ、中指で頭をはじくと外れます」と、初心者にも分かりやすく説明してくれたが、その合間にも次々に魚を掛けていくので、参加者の皆さん、目が点……。

「では、始めましょう」

 その合図で、皆さんも投入!

 筆者もこのタイミングで仕掛けをセットするが、紅サシを丸ごと付けるとアタらない! ハサミで半分にカットしないと明らかに食いが悪い。

 カット後はすぐさまアタリが訪れる。

 去年に比べるといささか魚が小さいが、その分口が柔らかく、簡単に外せる。
a0272422_20535749.jpg

 時折、2年魚と思われる大型もまじり、アタリが出続けた。

a0272422_20535290.jpg
 みなとさんから、ワカサギの天ぷらの差し入れも! 魚体が小さいため、骨が口に当たらない。
 キュウリウオ科のワカサギは、鮮度落ちも早い。美味しいものを食べるなら産地に行くか、自分で釣るのが一番だ。
 
 合間にダイワの人と話すと「淡水でも海でも、いい魚(美味しい魚)が釣れることが分かってきたので、それらの釣りに人気が出ている」と聞いて納得。
 シイラやバラムツも面白いが、カツオ、キハダやワラサ、カンパチならもっと人気が出る時代なのだ。

 だいすけ船長には、諏訪マス(諏訪湖の中で暮らすアマゴ)の釣り方について聞いてみた。(諏訪湖の漁業規則では、ワカサギ、コイ、毛鉤-フライフィッシングの意味か?-釣りのみでリールの使用が可能。ルアーは禁止)

「流入河川でミミズやブドウ虫などを使ったエサ釣りで釣る人が多い。湖で暮らしている魚だから、渓流の魚に比べれば掛けてからもおとなしい」とのこと。

a0272422_21210362.jpg
a0272422_21391860.jpg

 合間に少々撮影も。

a0272422_20540703.jpg

 筆者は最高で7点掛け。

 後半からさらに食いが立ってきたが、あっという間にタイムアップ。

 帰港後はクリーンアップ活動で諏訪湖湖畔のゴミ拾い。
 最初は「どんなものか?」と、思ったが、大人数でやれば予想以上に面白い。

a0272422_20541577.jpg
 釣果は昨年ほど数が出なかったが、およそ140尾。


a0272422_20562361.jpg
 唐揚げが間違いない。

 

 
 

 

 

 
 
 
 
 

 


by Tuna-Fishing | 2018-12-07 21:53 | その他 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mejimaguro.exblog.jp/tb/238894017
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 黒川本家・LTアジ 平作丸のタチウオ >>