人気ブログランキング |

メジマグロのナブラ


2006年、「TVチャンピオン新サカナ通選手権」に優勝、2017年「検定王 1級ホルダーNo1決定戦」で優勝した日本さかな検定1級保持の会社員&フィッシングライターが、マグロ、カツオを中心に、季節ごとの釣りを解説します
by Tuna-Fishing
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
2019年、フカセ開幕!!
at 2019-07-10 22:14
南沖のキハダキャスティング
at 2019-07-04 22:18
久里浜沖のカサゴ
at 2019-07-04 00:05
石廊崎沖のマダイ
at 2019-07-03 23:46
片貝沖のイサキ、ハナダイ
at 2019-07-02 21:34
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

与那国忘備録 3

 3月19日

 夜はやや冷えることが分かったため、少しだけ厚着で休んだ。
 それが功を奏し、今朝は体が軽い。

a0272422_23450525.jpg


「今日はもっと沖へ出る」


a0272422_22421043.jpg

 ということで、まだ薄暗い7:00直前に船は港を出た。

a0272422_23451456.jpg

 移動中も食ってくる可能性があるため、念のためにソフトヘッドのルアーも曳きながら一気に沖へ向かう。

 朝食は沖縄定番のランチョンミート「チューリップ」の缶を開け、スライスしてもらい、フライパンで軽く炙る。(コンロが丸く、鍋やフライパンを乗せてもずれない)
 パンに挟んで頂くが、やはり豚肉、体力がつく!

 1時間半ほど走り、沖の水中パヤオへ到達した。
 ジグも念のためサイズアップし、食い渋り用のジグはタックルボックスへ戻す。

 投入すると、エビング、ジギングともほぼ同時に食った! 昨日で脇挟みのやり取りも覚えたため、そのままガンガン巻いて寄せる。シビが上がった。
 2投目でもう1本追加。

a0272422_23455331.jpg

 船長が弱らせないようハリを外し、ツナ・チューブで活かす。

 4本のエサを確保したため、スタンディングタックル&スピニングの2本出しで流す。


a0272422_23440294.jpg

 と、イルカの群れが跳ね始めた!

 またエサを取られてはかなわんと、テツさんが巻き上げようとするが、船長が手で制し「そのまま続けろ」
 数十頭のハンドウイルカが跳ねるが、今回はエサにいたずらしなかった。

「名護の方ではヒートゥよく食べますよね?」
「与那国の人も好きだよ」

 と、話している間にも群れはしばらく船と共に跳ね続けたが、思う存分撮影を済ませた後、群れは遠ざかっていった。

a0272422_23465869.jpg

 今度は鳥が見え始めて…。
 
 いきなりスピニングタックルに100㎏近い魚がヒット! しかし、ベールを返して食い込ませる前に魚が跳ね始めた! 
 掛かりが浅く20分ほどでバラシ!!
 
 素早くエサを追加し、スタンディングタックルで流すと40分後の10:30にストライク! リールをフリーにしてPEを送り込む。
 船長も操船しながら様子を見る。エサを飲み込んだようだ。

a0272422_23494150.jpg

 ドラグを締めてフックアップ!

 激しく突っ走るが、落ち着いてやり取りする。

「掛かった後、へたり込む人や泣き出す人もいる」
 なんて聞いたが、40㎏級までのマグロは経験があるため、ハーネスを入れて思う存分やり取りを楽しむ。

 突っ走るが跳ねない。

「跳ねませんね」
「跳ねると外れやすいから、この方がいいよ」
「シイラと同じですね」

 と、これまでの経験を反芻しながら夢の魚と対峙した。
 魚が船の前に向かうと、素早く追い、正確に操船する。
 新品のPE8号&(船長の組んだPRノットで)60号+150号のシステムだ。無理にドラグを締めなければ獲れる。

 そうはいっても、これまで経験のないレベルの大きさの魚を相手にしているのだから楽しい事このうえない。昨日のサメでタックル強度も把握した。
 
 船べり近くで赤黒い姿を見せ、相当な重さで抵抗したが、ついに船長の銛が100kgを超えるカジキに打ち込まれた。何度か銛の柄でも突き、テツさんが金属バットで頭を何度も叩いて締める。
 最初は「自分で締めたい」と、思っていたが明らかに頭の骨がキハダより堅い。今の技術では魚に余計な苦痛を与える恐れや、思わぬ事故のリスクもあると考え、素直にプロの海人に任せよう。

 魚は全身を青く染め、胴震いして息絶えた。


a0272422_00024280.jpg

 3人がかりで船に引き上げ、写真を撮ってもらう。


a0272422_00045603.jpg

「角を切って、魚槽で冷やす?」
 と、船長。

 少し迷ったが、明らかに100㎏を超える夢のサイズ、港でも撮影したい。

「一度、港に戻ります!」

 かくしてルアーを曳きながら、久部良漁港まで引き返した。

a0272422_00072331.jpg

 西崎の前にはダイビング船も見える。

a0272422_00071339.jpg

a0272422_00072981.jpg

 検量の結果は、130㎏!!

 ついに、夢を叶えた!!

 


by Tuna-Fishing | 2019-05-31 00:08 | 遠征 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mejimaguro.exblog.jp/tb/239290543
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 与那国忘備録 4 与那国忘備録 2 >>