人気ブログランキング |

メジマグロのナブラ


2006年、「TVチャンピオン新サカナ通選手権」に優勝、2017年「検定王 1級ホルダーNo1決定戦」で優勝した日本さかな検定1級保持の会社員&フィッシングライターが、マグロ、カツオを中心に、季節ごとの釣りを解説します
by Tuna-Fishing
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
2019年、フカセ開幕!!
at 2019-07-10 22:14
南沖のキハダキャスティング
at 2019-07-04 22:18
久里浜沖のカサゴ
at 2019-07-04 00:05
石廊崎沖のマダイ
at 2019-07-03 23:46
片貝沖のイサキ、ハナダイ
at 2019-07-02 21:34
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2019年、フカセ開幕!!

 6月に入り、ルアー船でキハダの釣果が続く中、葉山の長三朗丸も6/21よりイワシエサのカツオ、キハダ乗合を開始!
 初日はキハダ船中12本という釣果に目をむいたが、その週末は予定が…。

 やきもきしつつ、6/29に予約を入れる。今回はキス釣り名人のSさんと同行。

 葉山鐙摺港は、キハダ目当ての方、マルイカ釣り師、その他諸々の釣り客が見えるが、8月のコマセキハダ開幕前なのでまだ余裕はある。

 今回は1隻で出船するため、クーラーは1つだけ積んだ。
 エサは活きの良いマイワシ&カタクチイワシだ。カツオもおかずに混じるか?
 釣り場までは何度も雨に降られ、Sさん共々キャビンでしのぐ。
a0272422_22251886.jpg
 場所へ着くと鳥山が見え始め、他船も探索している。
 水しぶきが上がった。
 ナブラに付けてエサを撒くが、あまり取らない。

 同じ群れに当て直すと……。

「やってー、アタリがなかったらどんどん新しいエサに替えてよー」と、大船長。

 舳先のNさんが即座に食わせた!
a0272422_22281111.jpg
a0272422_22261002.jpg
 しばらくやり取りするがバレた模様、次はダブルヒット! 舳先でやり取りが始まった。

 左舷舳から撒かれたエサが右舷方面へ流れているが、上に鳥が付き、下にはキハダだ。

 人数が多いので、下手に流すとあっという間にオマツリしてしまう。9フィートのツナロッドでかわす。
(長三朗丸ではフカセに両軸リールは使えないので、要注意)

「やり取りしている人以外は上げてー」

 やがて、舳先の魚が取り込まれた。20~25㎏前後か?!

 また魚が船に着き始めた! 激しく水しぶきを上げ、撒かれたイワシを食っていく。

「続けて!」
 中乗りのゆきさんもエサを撒く。

 気配が薄い時は投入を控えていたが、リーダーが長すぎるとエサの泳ぎが悪くなるため、思い切って切り詰める。
 撒かれたエサにキハダが着いた。水柱が次々に上がる。
 元気なマイワシをハリに掛け、アンダーハンドで送り出してやるとPEがスルスル伸びていく。かなり送り込んだところで追われ始め、パララッとPEが走った。重みが乗り始めたところでベールを返し、聞き合わせを入れる。

「来たっ!」

 ファーストランに備えてドラグは3㎏以下に設定してあるので、スプールを押さえてアワセた。

 一気にドラグが鳴り、PE6号を持って行く。
 落ち着いてやり取りするが、次第に艫へ移動。

 ロッドを立てて走りを食い止めるが、ポンピングしようとロッドを戻すと再び突っ走る。
 徐々にドラグを締め始め、常にロッドの角度を90度に保って走りを食い止める。

a0272422_22282266.jpg
 ついに水面下まで来た。何度か回した後、魚はようやくタモ取りされた。
 ジギング、キャスティング、フカセと今年はキハダの釣果も格別! 目方は26㎏級。やり取り時間は18分程度。

 続いて、バタバタっと小型魚もアタリだしたが、今度は2㎏級のキメジ! ロッドで抜き上げ、何人かの仕掛けを巻き込んでいたため、即座にハリスを切る。
 
 と、今度はSさんにも食った! 舳へ入ってやり取りを続けるが、まだ時間がかかる? 

a0272422_22250794.jpg
 再び魚が撒かれたイワシを食いだし、激しい水飛沫が上がった。
 たまらず活きのいいイワシを投入!

 PEがバラララッと一気にリールから引き出された。10mほど走ったところでベールを返すと乗った!
 さっきの1本で余裕が出たため、「やや強引なやり取りもあり?」 と、考えて少しずつドラグを締め、真下へ潜る魚と対決した。
 再び艫へ向かう。
 
a0272422_22361133.jpg
a0272422_22360071.jpg
 足元でグルグル回るが、頭を海面に浮かせたところで船長のタモに収まった。目方は21㎏。
(やり取り時間は6分、ハリはカンヌキにガッチリ掛かっていた)

a0272422_22362362.jpg

 2本目をキャッチしたので、竿を仕舞って他の方に入ってもらう。

 Sさんのやり取りも終焉を迎え、28㎏級がタモ取りされた。
 ライト気味なタックルにPE3号&フロロ16号だったので時間がかかり、30分近くかかったらしい…。

 何はともあれ、おめでとうございます!

 この間も誰かしらの竿が常に曲がっている状況だったため、活きのいいイワシを流せばチャンスは平等。いかにオマツリを防いで魚の前にエサを届けるかにかかっている。

 
a0272422_22363108.jpg
 筆者の両隣でもキハダが取り込まれる。

 カツオは少なかったが、女性アングラーが4㎏級を仕留めた。

 この日は魚が船にずっと着いていたため、エサを取り始めてからは2流し程度でキハダは船中10本を数えた。
a0272422_21224844.jpg
(船宿Blogより)


 今年はキハダが多いため、マイワシエサを使ったフカセ釣りが主流だが、エサが値上がりしたので7/1より乗船料金は17,000円。
 ハリスは20号程度は必要です!

 日によってはカツオもこの仕掛けに食ってくるため、無闇に細仕掛けを使うのは避けたい。
 その仕掛けにキハダが食っても獲れる太さでお願いします。
 


by Tuna-Fishing | 2019-07-10 22:14 | 近海カツオ・マグロ類 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mejimaguro.exblog.jp/tb/239363381
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
南沖のキハダキャスティング >>