人気ブログランキング |

メジマグロのナブラ


2006年、「TVチャンピオン新サカナ通選手権」に優勝、2017年「検定王 1級ホルダーNo1決定戦」で優勝した日本さかな検定1級保持の会社員&フィッシングライターが、マグロ、カツオを中心に、季節ごとの釣りを解説します
by Tuna-Fishing
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
2019年、フカセ開幕!!
at 2019-07-10 22:14
南沖のキハダキャスティング
at 2019-07-04 22:18
久里浜沖のカサゴ
at 2019-07-04 00:05
石廊崎沖のマダイ
at 2019-07-03 23:46
片貝沖のイサキ、ハナダイ
at 2019-07-02 21:34
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:科学( 1 )


WANTED 深海ザメ

a0272422_0154626.jpg



a0272422_0165335.jpg


 先日のアブラボウズ釣行ではユメザメが何本か上がったが(先ほどまで、ヨロイザメと誤認!)、この深海ザメを釣った場合、釣り人の皆さんは「単なる外道」として海に帰すか、あるいは肝油や美容効果?! を期待して少し食べてみるくらいではないでしょうか?

 ところが、招かざるゲストたるこの深海ザメ、海洋研究開発機構(JAMSTEC)では、漁業者や遊漁者からの検体を募集しているそうです!

 海洋研究開発機構 海洋生物多様性研究分野


深海域におけるトップ・プレデターの解明

概要
 海洋生物の多様性(種/系統・機能・生態系)を把握すると共に,多様性を創出するプロセスとメカニズムを理解する.得られた結果は,環境変動への多様性応答予測やイノベーションの創出に貢献する.

 近年,生態系の構造や機能の維持に,トップ・プレデター(頂点捕食者)が重要な役割を果たしていることが知られるようになった.しかしながら深海域においては,トップ・プレデターに関する情報が非常に少なく,その多様性やバイオマスなど基礎的な情報が大きく欠如しており,トップ・プレデターの重要性を議論する前段階にある.そこで本研究では深海域に生息するトッププレデターを対象として,以下の課題を実施し,新たな深海生態系像を描くことを目指す.


→ここで「トップ・プレデター」として、深海の生態系の頂点に位置するサメ類を研究中ということです。

 以下は『ソルトワールド』(エイ出版社 2016年2月号)より、一部引用。

 深海鮫は潜水船などによる採集が難しく、これまでも漁業者の皆さまや各地の釣り師の皆さまからご提供頂いた試料を研究に利用しています。もし200m以深で釣獲した鮫類をご提供いただけるようでしたら、次のアドレスまでご連絡をお願いします(fujiwara@jamstec.go.jp)。釣獲日の日付や位置(緯度経度)、水深情報を頂けますと大変助かります。メールにて受け渡し日時などを確認した後に、クール便(冷凍)で以下の住所にご発送下さい(着払いでお願いします)。
 〒237-0061 横須賀市夏島町2-15 海洋研究開発機構 海洋生物多様性研究分野 藤原義弘宛。薄謝を進呈します。




 この情報があったため、何本か上がったユメザメのうち、一番小さなものを持ち帰り、海洋研究開発機構までクール便で発送した次第です。
 
 深海釣りは私も滅多に行かないため、その時に釣れたものは有効活用したいと考えた次第ですが。1月に釣行した浅草釣具のBlogでは、オンデンザメかカグラザメらしい大型のサメが掛かったということです!
 600mの海底で、キンメやアコウよりも太いハリスと大ぶりのハリを使い、イカを丸ごと一杯掛けにするアブラボウズの仕掛けは、深海ザメを捕獲するにも有効かも知れません。

 このページを読まれた方で、深海(200m以深)のサメを釣られた方は、是非、研究への協力を私からもお願いします。
(流石にゴブリンシャークことミツクリザメを釣るのは難しいと思いますが…)

by Tuna-Fishing | 2016-03-09 00:26 | 科学 | Trackback | Comments(0)