人気ブログランキング |

メジマグロのナブラ


2006年、「TVチャンピオン新サカナ通選手権」に優勝、2017年「検定王 1級ホルダーNo1決定戦」で優勝した日本さかな検定1級保持の会社員&フィッシングライターが、マグロ、カツオを中心に、季節ごとの釣りを解説します
by Tuna-Fishing
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
2019年、フカセ開幕!!
at 2019-07-10 22:14
南沖のキハダキャスティング
at 2019-07-04 22:18
久里浜沖のカサゴ
at 2019-07-04 00:05
石廊崎沖のマダイ
at 2019-07-03 23:46
片貝沖のイサキ、ハナダイ
at 2019-07-02 21:34
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧


神子元沖のイサキ

 23日の土曜、知人と沖釣りを予定していた。

 流石にマグロは「リスクが高すぎる」ということで遠慮したが、それなら下田沖(利島沖か)で、メダイでも釣ろうと思い、船宿を当たったが、その日はいずれの船もイサキ狙いだった。
 しかし、「イサキも釣りたい」ということで、11年ぶりにイサキ狙いに決定し、当時読みふけった『名人と船頭の船釣 実釣 春』に登場し、ずっと気になっていた久寿丸を予約した。
 しかし、天候の関係から、22日に出船確認するまで仕掛けを買うわけにもいかず、仕事帰りに出船を確認し、渋谷のタックルベリーでシーガーやクッションゴムを買い込み「何を釣るつもりですか」何て聞かれる。
 上州屋では針やビシ用追加オモリを買っていると、去年深田家で同船したマグロ仲間のSさんが!(今年もSFPCのイベントで会っているが) 
 かくしてマグロの話などで盛り上がるが、帰宅後、知人と合流し、22時頃に出発!

 4時間ほどかかり(須崎まで来て、少し迷ったが)、久寿丸に到着し、2時間半ほど船宿で仮眠する。
 出船時は船着き場を間違えてしまい、慌てて乗船するが、仕掛けやオキアミを準備している間に船は神子元へ!

 最初はサバに邪魔されたり、船酔い気味で仕掛け作りにも苦労したが、数回目の流しでサバよりおとなしい当たりが来た! 11年ぶりのイサキはかなりの良型!

a0272422_2242183.jpg


「食いが悪くなったら、別の反応に当てる」という形だが、次第に食いが良くなってきて、コマセを振って誘う。
 仕掛けは6mの3本針だが、これ以上針数が多いと手前祭りしそうだ。
 現金なもので、食いが良くなってきて、船酔いも治まり、さらに釣り続ける。コマセを振った後や、追い食いさせている間、電動巻き上げの間に知人と私の仕掛けを作る。

 基本的に「ひと流し一投」だが、オキアミの威力は絶大で、ダブルでも少ない方、3本バリにトリプルヒットが当たり前という食いっぷり!
 11年ぶりなのに、こんなに釣れていいのか?!

a0272422_2253725.jpg


 船縁にはマグネットが入っているため、そこにハリを置けば手前祭りも少なく、コマセを振って当たりを待つ間、追い食いさせている間に仕掛けを作り続ける。
 外道はサバ以外は沖メバル1尾のみだが、神子元島周りの威力、恐るべし!



 水面でバラシたこともあったが、うまく船内に抜き上げると、ハリを外す前に外れてくれることも多く、持参した針外しも威力を発揮したが、自分なりにコマセの振り方、食わせ方が分かってきたのが大きい。
 知人はイサキの仕掛けになれていなかったためか、16尾でスソになってしまったが、私は53尾キャッチ!(釣果申告時は50尾と報告)
  沖上がり後は、女将さんに素麺をご馳走になり、温泉を浴びて帰宅となったが、真子・白子を持っていても身が旨い!
 こりゃ、みんな釣るわけですね。
(当たり外れのある大物狙いも面白いが、安定して数が釣れるのも魅力的ですね
a0272422_2271491.jpg


 次はメダイを釣りたいが、イサキ船再挑戦もあり?!


  使用タックル

 竿:ダイワ グラシック50-270
 リール:シマノ 電動丸3000EV
 道糸:ダイワ 棚センサーブライト6号 300m
 ビシ:サニービシビッグ、100号
 ハリス:シーガー2.5号
 ハリ:極めアジ12号、カットチヌ5号
 付け餌、コマセ:オキアミ

by Tuna-Fishing | 2012-06-27 22:08 | カツオ・マグロ以外 | Trackback | Comments(0)

ライトルアー報告

 さて、6月16日、浅八丸よりライトルアーで出てきました。
(11時船)

 本日は初挑戦者一人含む、仲間3人と参戦しましたが、ヒラマサ狙いで持ち込んだソルティガヒラマサ63S&ソルティガ4500Hタックルは不発……。

 本命のサバは11本でしたが、ワカシがかなり混じり、資源保護のため、ダメージの浅いものは放流しましたが、4尾をキープすることに……。
(口がまだ小さいせいか、アシストフックがスレで掛かることが多い)

 最後は「タチウオが混じる」という場所に船をつけたので、慌ててワイヤ入りアシスト「太刀パイク」をジグのテールに付けて誘うと、一発でネクタイサイズの小型をキャッチ!
a0272422_1857163.jpg


 当日は雨ながら、親子連れやカップルも楽しんでいました。
 少しの間遊びたいときは、いかがでしょうか?

by Tuna-Fishing | 2012-06-16 18:58 | カツオ・マグロ以外 | Trackback | Comments(0)