人気ブログランキング |

メジマグロのナブラ


2006年、「TVチャンピオン新サカナ通選手権」に優勝、2017年「検定王 1級ホルダーNo1決定戦」で優勝した日本さかな検定1級保持の会社員&フィッシングライターが、マグロ、カツオを中心に、季節ごとの釣りを解説します
by Tuna-Fishing
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
2019年、フカセ開幕!!
at 2019-07-10 22:14
南沖のキハダキャスティング
at 2019-07-04 22:18
久里浜沖のカサゴ
at 2019-07-04 00:05
石廊崎沖のマダイ
at 2019-07-03 23:46
片貝沖のイサキ、ハナダイ
at 2019-07-02 21:34
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


翌日は長三朗丸……。

 南伊豆へ行く前から、「もし駄目だったら、帰りは葉山の長三朗丸でカツオをやる」と、考え、私はカツオ用のジギングタックルやイワシ餌用のハリ、細めのハリスも用意していた。

 忠兵衛丸下船後、即座に長三朗丸の船長に電話を入れ、3日も絶好調だったというので、キメジはクーラーで氷詰めにし、船宿で支払い、温泉&一休みを済ませるや、一気に伊豆半島から葉山港へ向かった。

 今回もコマセキハダの船が一番人気だが、私はイワシ餌の一本釣り&フカセ船。

 乗船手続き、準備を済ませ、餌を積む間に、こぼれたイワシを食いに来る魚を狙ってみると……。
 
a0272422_15565777.jpg

 ククッと小気味よい当たりを見せたのはロウニンメッキ!(GTの赤ちゃん)
 ギンガメは経験あるが、ロウニンは初めて、次はカスミアジやカッポレ?

a0272422_1559408.jpg

 ロウニンメッキをもう一枚追加したが、その次に食ったのは50cm級のクロダイ!!

 思わぬ獲物に笑みがこぼれつつ、沖へ向かう。
 最初は魚がやや沈んでいたため、なかなか浮かない。それでもフカセで3kg級のカツオをキャッチ!


 
a0272422_1624969.jpg

 次第に魚が浮いてきたため、一本釣りが炸裂! (当たっても食い込ませられなかったりして、数はあまり伸びなかったが) 上乗りさん、船長もここぞとばかりに釣りまくる!

 フカセに変更すると、でかいカツオに続いて10kg級のキメジがヒット! 激しい引きを交わして脂ノリノリ、激うまキメジゲット♪

 ハリス切れもあったが、既にこの時点でクーラー満タン! かくして釣り客の皆さん、船で氷を購入し、タルやバケツで入りきらないカツオを氷漬け。

 餌がでかいため、下手に一本釣りをやるよりもフカセの方が効率よいと判断したが、他の皆さん、一本釣りで入れ食い満喫!

 次のナブラではジグを投げてもやっぱりヒット! 5本くらいはキャッチ。

a0272422_16141251.jpg

 最後は一つのナブラでキメジが涌きだし、船長も10kg級を抜き上げ、上乗りさんは船べりで同サイズを落っことしたが、私も10kg級2本目をキャッチ! しかし、3本目、四本目はいずれも16号のハリスがぶった切られた。
 それに混じってひっきりなしにカツオや小型キメジ(チャッパ)が食いまくり、この流しで10数本追加! 
 最後は20号ハリスを結んだツナタックルで再び10kg級を掛けたが、船の近くを泳いでいたアオザメに取られた!

a0272422_16163459.jpg

 ……結局、良型半数以上でカツオ25本、キメジ小型5本、10kg級2本と、これまでのボウズなど笑い飛ばせるような入れ食い!
 このキメジ、釣っても食べても最高!

 

by Tuna-Fishing | 2012-11-06 16:18 | 近海カツオ・マグロ類 | Trackback | Comments(2)

週末は忠兵衛丸リベンジ

 11月3日にクロマグロのリベンジを成功させるべく、再び南伊豆・忠兵衛丸に向かった。

 
a0272422_15371830.jpg


 今回も仲間二人と共に沖へ出て、餌のサバを入れ食いで確保したが、朝一は魚が船の下を通過したものの当たらず、次の流しで同船者が28kgをキャッチ!

a0272422_1538075.jpg
 
 その後は三人揃って、餌のサバを沖サワラに真っ二つにされたため、タックルハウスのシブキを投げまくると、ガバッと出たのは沖サワラならぬ9kg級のキメジ
 ミノーでマグロ類を釣ったのは初めて♪

a0272422_15382058.jpg

 次は仲間が7kg級の沖サワラをキャッチ。

 沖サワラには、仲間も私もハリを取られましたが……。


a0272422_15412345.jpg
a0272422_15414128.jpg

 その後は同船者にハンマーヘッドが当たったり、沖サワラを釣った仲間がアオザメを掛け、豪快なジャンプをを目撃した末にハリス切れ……。

 私の餌も何度か追われたものの、食い込まず……。

 
 
 

by Tuna-Fishing | 2012-11-06 15:42 | 近海カツオ・マグロ類 | Trackback | Comments(4)