人気ブログランキング |

メジマグロのナブラ


2006年、「TVチャンピオン新サカナ通選手権」に優勝、2017年「検定王 1級ホルダーNo1決定戦」で優勝した日本さかな検定1級保持の会社員&フィッシングライターが、マグロ、カツオを中心に、季節ごとの釣りを解説します
by Tuna-Fishing
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
2019年、フカセ開幕!!
at 2019-07-10 22:14
南沖のキハダキャスティング
at 2019-07-04 22:18
久里浜沖のカサゴ
at 2019-07-04 00:05
石廊崎沖のマダイ
at 2019-07-03 23:46
片貝沖のイサキ、ハナダイ
at 2019-07-02 21:34
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧


今年のLTルアーも入れ食い!

 キハダ回遊のため、平塚港にもマグロタックルを持ちこむアングラーの姿が多数見られたが、今回は以前から予定していたLTルアー(ライトルアー)船……。

(6月にキハダ開幕とは、さすがに想定外)

 浅八丸のLTルアー船も「三隻出し」という盛況だが、仲間4人と同行した。

a0272422_2117894.jpg


 ジグはジャクソンの「ギャロップ・60g」を使用。(使用したジグはフックをバーブレスにしました)

a0272422_21174789.jpg

 今回は港を出た途端に鳥山に遭遇し、仲間たちはヒットの嵐、私はトップを投げても出ないので、ジギングに切り替えるとフォール中に食ってくる。


a0272422_21203864.jpg
 
 サバが「釣ってください」とばかり食ってくるので、大忙しだが全員が入れ食いを堪能し、私は30尾をキープしたが、小さめの魚は船の外で、魚体に触れずリリース。(5~6尾ほど)

 ナブラが出た瞬間はミノーにもヒットはあったが、ジギングが圧倒的に有利で、同船者がワカシを上げたものの、シイラは混じらなかった模様。

 全員に楽しんでもらったが、次はルアーキハダだ!

by Tuna-Fishing | 2013-06-15 21:23 | カツオ・マグロ以外 | Trackback | Comments(0)

2013年 相模湾キハダ開幕!!!!

 5月下旬から「キハダやカツオがいる」という情報があったものの、22日に鈴清丸が撃沈を食らったため「本格化するのは8月ごろか?」と、思っていたら、とんでもない情報が入って来た。

 平塚・RiseのBlogに目を通すと、6月11日に秋谷の清四郎(一昨年、ワタ・エラ抜きで91kgのキハダを獲った船)で、何と3人で11本! しかも20~48kg級と、大型も混じっている模様。 

 翌日の12日は、行きつけの長三朗丸が仕立てで出て、4人で6本! 隠徳丸も7本! 
(いずれもルアーでの釣果です)

 13日は庄三郎丸、弘美丸、一俊丸も出船するが、バラシが多い模様。
 長井の貴雅丸、鈴清丸、竜海丸もこの機会に乗じること間違いない。

 長三朗丸の大船長に電話確認すると、「カツオもいるし、餌のイワシもいくらでもある」という!

 
 この台風が通過次第、乗合を始める気配が濃厚だが、よりによって15日の土曜はライトルアーのサバ!

 ライトルアーも仲間から好調の声を聞いているが、時間が空いたら即出撃だ!!!
(久米島から帰ってきて1カ月少々で開幕とは…)
 
 
a0272422_22192637.jpg


 サイズは20㎏級が多いので、「獲り頃」です。PE5~6号なら10分以内で上がると思われますが、これはアングラーの技量や魚の個体差があるので、無理しないで安全に釣りましょう。
 PE3号で上げた人もいますが、一般論では最低で4号のPEを推奨します。

(上記の魚は去年8月に同船者がキャッチした21.5kg)

 特に、本日13日は波が高いため、魚影が多いものの苦戦したそうです。
 バーブレスを推奨する船も多くなってきましたが、ルアーのキャストの際には十分注意してください。

 また、魚にタックルを持っていかれた人もいます(2010年の東伊豆沖でも聞きました)。
 極めて刺激の強い、エキサイティングな釣りですが、皆様、こんな時こそ事故やけがに気を付けて、キハダ、カツオを堪能しましょう!

 皆さんの安全と好漁を願います。

by Tuna-Fishing | 2013-06-12 22:06 | 近海カツオ・マグロ類 | Trackback | Comments(0)