人気ブログランキング |

メジマグロのナブラ


2006年、「TVチャンピオン新サカナ通選手権」に優勝、2017年「検定王 1級ホルダーNo1決定戦」で優勝した日本さかな検定1級保持の会社員&フィッシングライターが、マグロ、カツオを中心に、季節ごとの釣りを解説します
by Tuna-Fishing
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
2019年、フカセ開幕!!
at 2019-07-10 22:14
南沖のキハダキャスティング
at 2019-07-04 22:18
久里浜沖のカサゴ
at 2019-07-04 00:05
石廊崎沖のマダイ
at 2019-07-03 23:46
片貝沖のイサキ、ハナダイ
at 2019-07-02 21:34
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧


利島沖のメダイ

 続いては3月1日、かねてから興味があった、利島沖のメダイを釣るため、2年前にイサキでお世話になった下田須崎の久寿丸へ向かった。

 ここではオキアミをコマセに使うが、付け餌はサンマの切身(半身を2等分して使う)、サバが多い時は釣れたサバの半身を削ぎ切りにして使う。
 仕掛けは10号ハリスの2本バリだ。
 
 やや波は高く、前夜の寝不足から船酔いが懸念され、 「メダイは絶対釣れるから」と行って家を出てきただけに、一時は不安をよぎる。

 当日はメダイの好む濁りは少なく、最初の数投はサバにも邪魔されたが、何度目かの流しで明らかにサバと違う引きが伝わってくる。

 時々、電動巻き上げが止まるほどの手応えだが、最初はサバの下に平べったく、薄茶色の魚体が右往左往しながら上がって来た!

「メダイは口が弱いから、タモを入れて」
 
 船長からそう聞いていたので、素早く片手でタモ入れする。

 
a0272422_22151348.jpg


 やった! 1.5kg級と小ぶりだが、初めてのメダイだ。

 ヌメリが強いため、締めるなり船に常備されているタワシでヌメリを落としてからクーラーだ。
 
 
a0272422_22171771.jpg
 
 
 次はご当地で「ギンムツ」と呼ばれている(断じてメロではない)ムツをキャッチ。これも型はやや小さいものの、期待していた獲物だ。

 操船の合間に、艫で竿を出していた船長も2kg級のムツを獲った。

 私と同じクーラーを持ってきた、湯河原方面から来た方も好調に釣り続ける。

 メダイはコマセに突っ込むらしく、指示ダナでコマセを振ると、あっと言う間に竿が舞い込む。

 ただし、引く魚と聞いていたが、カツオに比べれば大人しいものだ。
 
 そんな事を思っていると、今度は電動巻き上げでもなかなか巻き取れず、時に数メートル道糸を引き出すような手応えも伝わってきた。
 これは良型では?
 
 
a0272422_2225451.jpg

 
 慎重に上げてくると、上のハリに良型のメダイが! (3.3kg程度)
 下にも1.5kg~2kg弱の平均サイズが1枚。


 この日は「小型が多い」ということだったが、良型には思わず笑みがこぼれる。(ただし、メダイも最大で10kgを超える)

 
a0272422_2225757.jpg

 このメダイは、60cmほどのタチモドキを捕食していた。

 メダイはジギングでもよく釣られているが、次回はある程度お土産を確保したら、船長の許可を得てジギングしても面白そうだ。

 この後も一荷(2本バリに2枚掛かる)があったり、逆に1枚のメダイが2本のハリを食ったりと、一時好調に当たりが続き、最後はサバの邪魔が多かったものの、メダイを初挑戦で9枚上げ、何とか竿頭となった。

 かなり疲れていたが、電動リールでの挑戦だったので何とか最後まで続けられたのだろう。
 帰港後、船宿の温泉で体を温め、仮眠してからの帰宅……。
 
 次回はもっと良型が揃えばよいが、メダイは食べても美味しい魚のため、カツオ、マグロ類がオフシーズンの時期は、狙う価値が充分にある。

by Tuna-Fishing | 2014-03-09 22:33 | 餌釣り | Trackback | Comments(0)

駿河湾のバラムツ

 2月1日、仲間たちと沼津・伊勝丸にバラムツジギングに挑んだ。

 まずは沼津の「丸天」で、キンメ煮付け定食を頂き(仲間は丼や寿司も)、港でタックルを準備する。

 今回は私と仲間3人、それに別のアングラー2人の6人で挑戦。

 300gのジグの後ろにシングルフックを取り付け、サンマの切身を付ける「半ジギング」だが、効率よく魚の引きを味わうにはこれが一番。

 最初は当たりが遠く、餌だけ取られることもあったが、次第に食いが立ってきて、まずは同船者の女性がキャッチ、次は仲間がキャッチ。
 
 私もゴツゴツ、という当たりの後、グーッと食い込ませるとガツン! キハダに比べれば大人しいが、5kg以上のドラグテンションで強引ファイトするとかなり楽しめる。
 
 結局、バーブレスフックを使ったのでバラシもあったが、6ヒット4キャッチ、ジグは300gを使ったが、先月のライトジギングで感覚を掴んでいたためか、腕の疲れなどは皆無。

 バラムツ初挑戦の仲間も、2本キャッチ。

 
a0272422_233739.jpg


 私は15kg手前くらいが最大だったが、船中では25kg級が3ヒット、2キャッチ。

 
a0272422_23383321.jpg


 このサイズが釣りたかった……。

 

by Tuna-Fishing | 2014-03-02 23:42 | カツオ・マグロ以外 | Trackback | Comments(0)