メジマグロのナブラ


2006年、「TVチャンピオン新サカナ通選手権」に優勝、2017年「検定王 1級ホルダーNo1決定戦」で優勝した日本さかな検定1級保持の会社員&フィッシングライターが、マグロ、カツオを中心に、季節ごとの釣りを解説します
by Tuna-Fishing
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2017年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧


TV出演のお知らせ

 

  新年、TV出演が確定しました。以下、概要をお知らせします。

  出演告知

 2018年1月2日 テレビ朝日で7:00~10:00に放送される「天才キッズ全員集合! 新春スペシャル」に、筆者が出演します。
 テーマは「魚」で、魚の知識を相当持った天才キッズと、筆者が対戦する予定です。
 お時間のある方は、どうぞご覧ください。


(以下、Yahooテレビより)

 天才キッズがプロと真剣勝負!オセロ日本一12歳、漢字少年、神技ピアノ少年の大人との白熱バトルに全国の天才キッズ続々発掘企画やIQ153少女、さかな検定少年の新作も!!
◇番組内容
天才キッズが一流プロと本気で対決!オセロ日本一12歳vs日本王者…漢字検定1級12歳vs1級25回合格の最強東大漢字王…神技ピアノ少年vs新垣隆らプロ軍団などの超白熱バトルを10月放送のSPから一挙大公開!更に仰天特技を持つ全国の天才キッズを続々発掘!暗記スゴ過ぎ3歳や家電詳しすぎ中1、時速240kmで駆ける美少女レーサー、まさかの世界記録達成の縄跳び軍団も!そしてIQ153少女やおさかな検定少年vs大人の新作も登場!

https://tv.yahoo.co.jp/program/38651880/

http://www.tv-asahi.co.jp/tensaikids/


[PR]

by Tuna-Fishing | 2017-12-28 19:38 | その他 | Trackback | Comments(0)

伊豆のキンメはフルレンタルがお手軽!!

  マグロが一段落したため、「フルレンタル(貸竿、8組分の仕掛け、エサ込み)のキンメをやってみよう」と、考えていた。

  個人的には数釣りが好きな性分なので、新島沖のトロキンメではなく、数重視の大島キンメ。
  船宿も近場の伊東港・政一丸 を予約。(政一丸さんでは、フルレンタル、初心者は2名まで)クーラーは50リットル級を用意した。

  かくして12月2日、02:40に伊東港で同船者と挨拶し、船に荷物を積み込む。

  船長がエサ付け済みの仕掛けを用意してくれた右舷艫2番目だ。今回は右舷のみで流す。

「キンメは初めて?」
「アブラボウズのついでに、石廊アワセでやったことはあります」
「ここは200mから400mのカケアガリになっているから、アタリがあったらどんどん上げていく。伸ばしていくと仕掛けが根に取られるぞ」

 後のお客さんは全員、自前のミヤマエ・コマンドの大型電動リールを持参。さすがに手が出ない!!
 
「サメがいるから、海に血を流すのは絶対ダメ、手も洗わない方がいい」
 
 そう聞いて、バケツを手元から胴の間に戻す。出船時にクーラーへも氷を詰め、船のベッドで横たわった。

 宇佐美の藤吉丸と並んで暗い早朝、大島沖へ向かう。最初の投入時間は6:00だ。

 場所が近づくと、船長がミニラークに掛けた棒を船べりに立てかけた。
「キンメの投入器だ。掛け枠をこれに挟めばいい」

 これは驚いた。

 仕掛けを竿のスナップにつなぎ、船長の指示通りに掛け枠を取り付ける。

 キンメは朝一番が勝負だ。
「あまり反応が良くないが…」と、船長は首を傾げるが、何度となく周囲を旋回していた藤吉丸が投入!

 少し回って、こちらも舳から順に投入! 1.8kgの鉄筋オモリに引かれ、15本バリの仕掛けが海底へ向かう。私はコマンドZ-9に巻かれたPEをサミングしながら水深表示を見続けた。

 着底、底を取る。水深は300m強。

 初めて使う竿なので、まだ様子がつかみきれないが、5分弱で巻き上げの指示。

「はい、前から上げてー」

 アタッたか確認できなかったが、残り100mを切るくらいで穂先がクン、クンと引かれ始めた。
 やがて、舳から取り込み始めた人は小ぶりながらキンメがズラズラ! こちらも一番上のハリにキンメが付き、船長にタモでサポート(ハリから落とした時、受け止めるため)してもらいながら幹糸を手繰ると、次々にキンメが付いてくる!
 最初の流しで私は8枚だが、20本バリを使っている人は10数枚ずつ! (この海域はハリ数の上限が20本)

a0272422_21495977.jpg


 取り込んだ仕掛けは、魚ごと四角いオケに入れ、魚だけクーラーに移す。

 次の投入では、やや沈めすぎたが、船長の指示で少しずつタナを上げていくと、さらに重量感が! 今度は12枚! 
 なお、この流しで17枚上げた人も……。やや小ぶりに見えるが、これだけ釣れると実に嬉しい。

「これから正月にかけて型が良くなってくると、80リットルくらいのクーラー2つが満タンになることもあるよ」と、艫の常連さん。

 3投目でも8枚。

a0272422_21253647.jpg


 投入した仕掛けからオモリを外す時間がないため、巻き上げ中に投入器に新しい仕掛けをセットし、もう1本のオモリを取り付けるという寸法だ。

a0272422_21494150.jpg


 と、いつもお世話になっている忠兵衛丸もやって来た!!

 4投目は不発。舳の人は3枚ほど。

 5投目は6枚。艫ではサバも1尾混じったが、カラスザメのような外道はない。

a0272422_21254600.jpg


 胴の間の方は、やや柔らかい竿を使っているのか、1回ごとのアタリがよく分かる。


 6投目は8枚。

 アタリがあっても毎回数メートル巻き上げるより、アタリがあったタナでそのまま待った方がいいのか? 明らかに底を切った上ダナでアタッている。

 7投目でも7枚。

 これがラストとなったが、15本バリの私がスソでも49枚! トップはかなりの数を上げたよう。

 投入が6:00で、納竿が9:30という、実質3時間半!

 12:00直前に船は帰港した。

a0272422_21494960.jpg
a0272422_21255502.jpg



 伊東港ではキンメも開いてくれる干物屋さんがあるということなので、小型魚はそこで干物にするのもあり?

a0272422_22031704.jpg


a0272422_22033371.jpg


(今回は刺身、煮付けで堪能)

 伊豆地区のキンメは、協定でフルレンタル料金が3万円だが、クロマグロのフカセ釣りで外すよりはいい?

 ハリ数勝負の世界でもあるため、次回は20本バリの仕掛けを用意すべく、某釣具店で掛け枠を買ってしまった……。

 
 

 
 

[PR]

by Tuna-Fishing | 2017-12-18 22:04 | カツオ・マグロ以外 | Trackback | Comments(0)