人気ブログランキング |

メジマグロのナブラ


2006年、「TVチャンピオン新サカナ通選手権」に優勝、2017年「検定王 1級ホルダーNo1決定戦」で優勝した日本さかな検定1級保持の会社員&フィッシングライターが、マグロ、カツオを中心に、季節ごとの釣りを解説します
by Tuna-Fishing
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
2019年、フカセ開幕!!
at 2019-07-10 22:14
南沖のキハダキャスティング
at 2019-07-04 22:18
久里浜沖のカサゴ
at 2019-07-04 00:05
石廊崎沖のマダイ
at 2019-07-03 23:46
片貝沖のイサキ、ハナダイ
at 2019-07-02 21:34
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2018年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧


諏訪湖のワカサギ

(注意:このイベントは日本さかな検定検定受験者、ファミリー限定の釣りイベントです。興味のある方は是非、日本さかな検定の試験にチャレンジしてください)

 日本さかな検定(通称ととけん)のファミリーフィッシングイベントで、長野県・諏訪湖に行って来ました。

a0272422_21493113.jpg
a0272422_21544610.jpg

 神奈川→東京→神奈川→山梨→長野と走る中、標高1,000mを超えたり、氷点下6度前後という状況に目をむくが、何とか集合時間直前に民宿みなとへ到着!

 アマダイに続き、ワカサギも初挑戦だが、ダイワの方が協力してくれるためまず大丈夫だ。

a0272422_21542886.jpg
 今回は総勢27名の参加ということもあり、受付のボートハウスにもストーブの熱さのみならぬ熱気がこもる。

a0272422_21560558.jpg
 ダイワの阪本さんが釣り方を説明し、準備が終わったらドーム船で場所に向かう。

a0272422_22290914.jpg
 ドーム船は座布団を敷いた方が快適だが、ストーブも焚けるので実に温かい!

a0272422_21545595.jpg

 今回はダイワのクリスティアを借りることができる上、仕掛けもサービスという至れり尽くせり。
 エサは紅サシだ。(最初は半分に切って、コマセ効果を狙う)

a0272422_21562262.jpg

 さらに、地元の名手「だいすけ」さんのアドバイスも秀逸。
(少年時代は学校帰りに釣りまくっていたというから、釣り好きは必ず通る道?!)

 最初は時折、船下を群れが通過した時だけパラパラ当たるという状況だったが……。

 穂先にピクピク、ツツッとアタリが伝わり、アワセると小気味いい引きが伝わってくる。明らかに同サイズのコイ科の魚(モツゴやタモロコ)よりも強い引きだ。

a0272422_21563293.jpg
a0272422_21591586.jpg
a0272422_21563710.jpg

 上がってきたワカサギは実に美しい。

 ダイワの大川さんが「こう撮るといい」と、掌にワカサギを乗せ、光を透かすように立てた。
 キュウリウオ科の透明感が伝わってくる。

a0272422_21565836.jpg
a0272422_21571205.jpg
a0272422_21564779.jpg
 さかな検定、事務局の方も撮影の傍ら、銀鱗と戯れる。


 後半にかけてどんどん食いが立ち、3本バリから5本バリ仕掛けへ変更する方がチラホラ。

 だいすけさんが、片手でワカサギの外し方もレクチャー(左手の人差し指、親指で幹糸とハリスをつまみ、中指で頭をはじく)してくれたが、理屈は分かるが、その速度を真似するのは相当練習が必要だ!!

a0272422_21583626.jpg
 お昼はワカサギの天ぷら&ダイワさんの提供でカレー。

 さらに食いが立ってきたため、大川さんの勧めで10本バリに変更!

(最初は3本バリ、次に5本バリと徐々にハリ数を増やしていくのが、トラブル防止&上達のコツ?)

a0272422_21593193.jpg

 3本バリの時は2尾まで、5本バリの時も4尾までが多かったが、今度は6尾、7尾と付いて、最高は8点掛け!
 追い食いさせる時は、少しだけ送り込んで(当日はベタ底を狙った)上げればOKという、キンメと同じ要領だ。

a0272422_22380488.jpg
 『つり丸』愛読者の方もご夫婦で健闘。
a0272422_21594560.jpg
 親子で来られた方は、お子さんたちがワカサギに夢中で、お父さんは自分の釣りが……。
a0272422_22111026.jpg
 かくして夢のような時が過ぎ、帰港となったが家族4名で1.5kgという釣果も出た。

a0272422_22260026.jpg
a0272422_22264576.jpg

 筆者は230尾ほど。
 鮮度がものを言う魚なので、天ぷら最高でした!!


 



by Tuna-Fishing | 2018-01-09 22:40 | カツオ・マグロ以外 | Trackback | Comments(0)

腰越沖のアマダイ

『つり丸』の取材で、腰越の多希志丸さんからアマダイに行って来ました。
a0272422_21140496.jpg


a0272422_21090020.jpg

 

 今回がアマダイ初挑戦ながら、仕掛けを作ってチャレンジすると……。

 

a0272422_21093708.jpg

 定番のゲストにアカボラ(ヒメコダイ)

a0272422_12061067.jpg

 レンコ鯛(キダイ)も混じるが、やや小さめ。


 
a0272422_21095780.jpg
 やや強い引きだと思ったら、何とミシマオコゼ!

 
a0272422_21111008.jpg

 
a0272422_21114699.jpg


 常連さんたちは、しっかり良型をキャッチ。

a0272422_12080507.jpg

 何とか筆者も30㎝級。

 
a0272422_21130335.jpg

a0272422_21145874.jpg
 他にはサクラダイやガンゾウビラメも……。
(ガンゾウは匂いがあるも、塩焼きにすれば気にならない)
a0272422_21120612.jpg


 腕のいい人は、この通り。

a0272422_12093026.jpg

 帰港後はお湯で手を洗い、お茶や煎餅などを少し頂く。

a0272422_21141785.jpg
a0272422_21142571.jpg

 詳細は『つり丸』1/15号で確認願います。
 











by Tuna-Fishing | 2018-01-09 21:23 | カツオ・マグロ以外 | Trackback | Comments(0)