人気ブログランキング |

メジマグロのナブラ


2006年、「TVチャンピオン新サカナ通選手権」に優勝、2017年「検定王 1級ホルダーNo1決定戦」で優勝した日本さかな検定1級保持の会社員&フィッシングライターが、マグロ、カツオを中心に、季節ごとの釣りを解説します
by Tuna-Fishing
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
2019年、フカセ開幕!!
at 2019-07-10 22:14
南沖のキハダキャスティング
at 2019-07-04 22:18
久里浜沖のカサゴ
at 2019-07-04 00:05
石廊崎沖のマダイ
at 2019-07-03 23:46
片貝沖のイサキ、ハナダイ
at 2019-07-02 21:34
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2018年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧


平作丸のタチウオ

 
a0272422_21305583.jpg
a0272422_21320043.jpg

 ほぼひと月前の10月28日、つり丸の取材でほぼ10年ぶりに久里浜・「平作丸」のタチウオに行ってきました。

a0272422_21310537.jpg
 詳細はこちらです。

 補足としては……。
a0272422_21322981.jpg
 
 以前、スルメイカの短冊でサバよりもアタったことがあるため、今回も持参したが撃沈!
 
 ベテランの鈴木船長も「イカで食うなら、みんなイカ使うよ」とのこと……。
 今年はスルメが高いのに、無理して買ってきた自分は何なんだ?

 取材時は朝からバタバタ食い続け、途中から段々食い渋ってきたものの最後までアタリは続いた。

 当日はダイワのスーパーフレッシュアングラー・高槻さんも竿頭に肉薄する釣果を出していたので、腕の差が歴然!
 
a0272422_21311777.jpg

 何とか指4本サイズまでキャッチ。

a0272422_21314063.jpg
 船宿で販売している仕掛けはこれ。

 当日は2本バリでもガンガン食っていたが、自作仕掛けでは幹糸がタチウオに噛まれるトラブルが頻出したため、1本バリの方が手返しが早かった。

 
a0272422_21313075.jpg

 竿頭の半分ほどの釣果となったが、やはり釣りたてのタチウオは刺身でも焼いても旨い!!

 
   竿:アルファタックル 海人タチウオ 185MH
   リール:アルファタックル ビットビーツGM300
   道糸:アルファタックル パワーアイPE2号
   オモリ:60号、80号(取材日は80号を使用)
   水中ライト:アルファタックル ビームフラッシュ輝 レッド
   ハリス:フロロ8号
   ハリ:タチウオバリ2/0

 


by Tuna-Fishing | 2018-11-30 21:41 | 『つり丸』取材レポート | Trackback | Comments(0)